SEO情報>スパムポリシーに無知である危険性


 SEOサービスをアメリカから提供。スパミング、スパム行為はビジネス自体を脅かす危険行為といえる。対応が望まれる検索エンジンのスパムポリシーを説明している。

あなたのWebサイトは検索結果で上位表示されていますか?
検索エンジンマーケティング(SEM)とSEOで解決します!


 SEOとは
 検索エンジンマーケティング (SEM)
 SEO情報
 SEOサービス
 問い合わせ
 会社案内
 サイトマップ


ウェブマーケティングサイト更新 Webマーケティングの総合サイト
「WebマーケティングACE」をリニューアルしました!

SEO会社をお探しですか?
もしそうであれば、本当に貴社に必要なのは
Webマーケティング会社ではないですか?

SEOは常識、やっていて当然です
他社と差が付くのは、SEO+αのWebマーケティング展開です。
集客を最大化し、コンバージョンさせる能力
それを持っているのがWebマーケティング会社です。

ACEのWebマーケティングソリューション
こちらも是非ご覧ください >>


スパムだけは絶対にやらないでください。
また業者にもやらせないでください。
あなたの会社がビジネスの世界から抹消されます。


スパミング:貴社のビジネスを脅かす危険行為


「検索エンジン・スパミング(Spamming / Spamdexing)」
スパミングとは、検索エンジンのアルゴリズムを悪用した、検索エンジンの検索結果で上位に表示されることを目的として行なうあらゆる 不正行為のことを指します。


スパム行為の危険性


現在検索エンジンやディレクトリー各社が発表しているスパム・ポリシーは、多少の違いはあれ、ほぼ同じガイドラインが確立しています。 そしてそのガイドラインから逸脱したWebサイト構成やプロモーション手法を実施すれば、 厳しい罰則が課せられるという方針を各社Webサイト上でも明記しています。

例えば検索大手のGoogleは「Demotion(順位の降格)」、「Permanent Removal from Our Index(永久的なインデックスからの削除)」という厳しいペナルティーを課しています。 他にも大手検索エンジン各社は、不正行為を働くWebサイトのIPアドレスやURLをリスト登録し、ブラックリストなるものを作成しています。

そうなると順位レベルの問題ではなく、貴社のビジネスによってはWebサイトの存在意義やライフラインをも脅かす危険性 が生じてきます。例え1社の検索エンジンで通じるテクニックが存在したとしても、それ以外の検索エンジンにも通用する手段とは 限りません。ましてスパムを取り締まるソフトウェアーも日ごとに進化しているのです。 スパム行為を行う側は、検索エンジン側からも当然マークされているという認識が必要です。

なぜなら元来検索エンジンは、ユーザーが求める検索クエリーに対して正確で質の高い検索結果の提供を目指しています。 正確性に欠けた検索エンジンは、利用者数を明らかに減らし、検索エンジン会社のライフラインに大きな影響を及ぼすからです。 そのため大手検索エンジン各社は、不正に順位をあげようとするスパム行為に対して極めて厳しい見解を示しています。




スパムへの取り組み方



弊社は、スパミング(検索エンジンの順位を「道義性」に反した方法で工作する手法)を採用していないことを、はじめに明言しておきます。
スパム・テクニックを用いて一時的に上位表示されたとしても、その先の計り知れない犠牲的代償をクライアント様へ負わせることはできないものと考えているからです。 「スパム行為は一切しない」が合言葉になっていますが、実際のところスパムに相当する技術を推奨し、文面でも提唱している会社が実に多数存在しています。 実際に何を以ってスパムとするのか、知識がないように考えられます。




これだけはやらないでください


以下に絶対に避けるべきスパム行為を列挙します
クライアント様が既に以下の行為をやられていた場合、 もしくは提携先のホ−ムページ制作会社がこのような行為を行っていた場合、 検索エンジン側からブラックリストに入れられている恐れがございます。 その場合は、弊社のSEO技術をもってしても(どこに頼んだとしても)手の施し様が無いという事態にもなりかねませんので、 くれぐれも注意を払われるよう願います。

  1. Doorway Page(ドアウェイページ)やCloaking(クローキング)、Mirror Page(ミラーページ)の使用
    検索大手のGoogleは上記の行為を最も悪質なスパムであると特定し、「Demotion(順位の降格)」、「Permanent Removal from Our Index(永久的なインデックスからの削除)」という厳しいペナルティーを課しています。 他にも、大手検索エンジン各社は不正行為を働くWebサイトのIPアドレスやURLをリスト登録し、ブラックリストなるものを作成 しています。
  2. 検索エンジンへの自動登録ソフトの使用
    一昔前ならば許された行為ですが、現在では一括登録ソフトの配信元となるIPアドレスが記録され、登録や巡回要請はブロック されてしまいます。また90〜100以上の検索エンジンに登録し、被リンクが見受けられると同じくスパムとみなされます。
  3. Ranking Checkers(ランキング・チェッカー=順位チェック用アプリケーションソフト)の使用
    使用頻度によっては、検索エンジン側から完全にブロックされることがあります。ランキングチェッカーソフトでは、一つのURL で何百ものキーワードを一括してランキングチェックすることができます(複数の商品などを販売するECサイトなどが多く利用)。 しかし検索エンジン側にとっては、膨大なクエリーが一時的にくるとサーバーに多大な負担がかかります。そのためクエリーを発する 側のIPアドレスをブロックするという処置をとっています。
  4. BG Color(背景色)と同じ色やフォントサイズが小さい文字の使用
    これも5年前なら通用したスパム行為です。例えば背景色と同じ色のフォントを使って無数の検索キーワードを埋め込むのですが、 未だにこれを行っているWebサイトは検索エンジンのみならず視認者からも会社の信用を疑われます。
  5. Body内でのキーワードの乱用
    キーワード・デンシティーは各ページの文字総数、内部構造により異なるため、オプティマイザーでないとページ内許容比率は 正確に分析できません。ある一定量を超えた場合、スパムと判断されますのでキーワードの多用は避けなければいけません。
  6. Metaタグに競合や大手企業などの検索頻度の高い会社名やプロダクト名を入れること
    Webサイト、Webページと無関係なキーワードを入れるとスパム行為と見なされます。また、競合や知名度の高い企業名を書くと、デジタルミレニウム(インターネット上の著作権法)の問題になります。 現実にアメリカでは提訴問題にまで発展した例がいくつもあります。

以下はスパムではありませんが、SEOを施策する上で同じく避けるべき手法になります

  1. Frame(フレーム)タグの使用
    GoogleのWebサイト(英語サイトですが、ロボットは多言語対応ですから言語による差別はありません)で明記してある通り Frameの使用は好ましくありません。もちろんFrame内もGoogleは読みますし、タグの修正も可能ですが、GoogleはFrameで分割 されたページを好んでインデックスいたしません。スパムにはなりませんが、ロボット型検索エンジンのトラフィック誘導率 を考慮した場合、避けるべき手法であるといえます。
  2. Flashなどのプラグインの乱用
    とくにトップページがフルFlashページであれば、ロボットにとって読むコンテンツテキストが無いことを意味します。 若干の対策を講じることは可能ですが、Flashのみでのサイト構築は好ましくありません。基本は静的ページで読ませることです。 これもスパムではありませんが、マーケティングの観点からも多用は避けるべきです。
  3. その他の注意事項についてはこちら、 悪いWebサイトの例をご覧ください





スパムポリシー


2002年8月カリフォルニア州シリコンバレーで開催されたSearch Engine StrategiesでのSpam Police(スパム・ポリシーの風刺)では、 GoogleのエンジニアがSEOプロバイダーのブラックリストを誤ってスクロールしてプロジェクターに写し出してしまうというハプニングがありました。 (偶然手が滑ったかのように見えましたが、最前列に座っていた弊社VPいわく、「あれは絶対わざと見せたのよ」)。当然そのリスト にはSEOスパマー(スパミングを行う人)の社名が記述されていたのですが、運悪くそのリストに記載されていたSEOプロバイダーが後ろの席に座っていて、バツが悪そうに セミナー途中で会議室を出て行きました。

このようにブラックリストに載るようでは顧客企業に対する責任は果たせないはずです。Google側 は冗談でFast検索エンジンの担当者にブラックリストの交換をしましょう、と発言し、笑いを集めていましたが、わたくし達SEO会社にとっては、一様に背筋に 冷たいものを感じさせるものでした。さらにポリシー方針が変わった点もあり、わたくし達SEO会社一同は「すぐに帰ってアジャストしないと...」と 今回も異口同音するだけでした。(ちなみに、通し3日間の検索エンジン戦略会議に、日本企業が他に参加されていなかったことは、 大変残念に思えます。)

さて、2002年3月の「サーチエンジン・ストラテジー」ボストン大会でも、同様に”Search Engine Spam Police(検索エンジン・スパム警察)” と銘打って、大手検索エンジンとディレクトリーの5社(Google含)の代表による、各社のスパムへの政策についてのセッションが開催 されました。

ボストン大会でのODPの代表者が「We Hate Spam!」と明言していたように検索エンジン各社ともスパム行為に対して相当の嫌悪感を露わにしていたことは 前述の通りです。同時に各社ともスパムに対する見解とスパム・ポリシーのガイドラインは、予想以上に厳しいものであるといえ ました。ここでは、「SESP」ボストン大会でのスパム・ポリシーの解説を中心に、大手検索エンジンが考えるスパム定義の一例を以下にあげています。 SEO会社選択の際に十分な知識があるか問い合わせてみることが望まれます。
(以下はあくまでも一例です、全てをここで挙げる訳にはいかないことをご了承願います)




検索エンジンによるスパムポリシー






ディレクトリーによるスパムポリシー


* ここにあげたスパム・ポリシーはガイドラインの一例にすぎません。SEOプロバイダーやWebマスターは各検索エンジン側の スパムに対する取り組みにも常に注意を払い、速やかなガイドラインへの対応が求められているといえます。






SEOとは | 検索エンジンマーケティング (SEM) | SEO情報 | SEOサービス | 問い合わせ | 会社案内 | サイトマップ |

Copyright (C) 2002  Ace Inc. Webサイト制作                                                 本サイトのプライバシー/使用条件について